辛いけどエロ小説



<眩しい光のエロ小説>


「もうすぐクリスマスかぁ~~~」

「結局今年も、うんこさんとエッチ出来なかったなぁ~~~(´Д`)」

「お互い、このままズルズルと時を過ごしても何の進展も無い気がする・・・・」


「一体いつになったら、出来るんだろう・・・・・・・エッチ・・・・・・」


「愛子さん!!!!」

「えっ?!う・・うんこさん!!!!?」


「愛子さん!お願いがあるんです!!!」

「な・・・・なんですか・・・・???」

「黒いストッキングを穿いてくれませんか!!!」

「えっ?!・・・・な・・・何でですか・・・??」

「冬といえば、集ストならぬ、黒スト!!!!」

「強いて言うなら単純に興奮するからです!!!!!」

「いきなり押しつけがましいですね・・・・うんこさんは・・・( ̄▽ ̄;)」

「でも、今ちょうど黒いストッキング穿いてますよ!!!私!!!」

「太もも撫でていいですか?」

「セクハラで訴えますよ!」

「訴えないで下さい!!!」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


「す・少しだけ・・・・だったら・・・・いいですよ・・・・・・」


「(;゚∀゚)=3(;゚∀゚)=3(;゚∀゚)=3(;゚∀゚)=3(;゚∀゚)=3」


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪」


「う・・・・・・・うんこ・・・・・さん・・・・・・・」

「な・・・・・・・なんで・・・・・すか・・・・・・?」


「そこは、太ももじゃなくて!!!おしっこが出るところです!!!💢」


「ご・ごめんなさい💦・・・・」


「太ももと間違えて、おしっこが出るところ撫でちゃいました・・・」


「どう考えても間違えないと思いますけど・・・・・・💢(-"-)」

「そんなに怒らないで下さい・・・・・それより・・・・・・」


「お互いのおしっこが出るところを触り合いませんか???」


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


「うん♡♡♡・・・やる~~~~~~~~(⋈◍>◡<◍)。✧♡」


痴・完

この記事へのコメント