カリスマ一般人が人気らしい


テレビ東京の<ワールドビジネスサテライト>を観てました。
<カリスマ一般人>なる者が人気らしいです。

一時期ブームになった
ファッション誌の<読者モデル>が、進化した感じのものなのでしょうか?
インスタグラム(ワタクシはよく分からん)等のSNSサービスで、
流行りの女性服やお洒落アイテム等を紹介しているみたいです。

上手なのは、紹介する商品の良さをアピールするよりも、
むしろ、カリスマ一般人である<自分自身>をモデルに使って、
商品アピールしている所なのかもしれません。

そういう意味では、芸能人が「この商品はお勧めです!」と、紹介するよりも
<SNSで人気のカリスマ一般人>の方が商品を紹介する方が、
同じ一般の方にとってより身近に感じられるので、有利といえば有利でしょう。
気軽に商品についての質問や連絡がとれる所も、カリスマ一般人の強みですね。

カリスマ一般人の人気が、一時的なものなのか?永続的な人気になるのか?は、
ワタクシには判断できませんが、これからの企業の新しい広告媒体として
有名芸能人を起用するよりも、カリスマ一般人を起用する時代が来るのかもしれません?

というか、<カリスマ一般人>って・・・・もう少し呼び名が何とかならなかったのかしら。

注:近頃、書いてる文章が、ちょっちおかしいかもしれません。

この記事へのコメント